古代魔法帝国の復興

『古代魔法帝国は復活する』

最後の古代魔法帝国の皇帝が、神の子孫を名乗る精鋭騎士団を擁した悪の立憲君主に滅ぼされた時に残した言葉は2000年を経た今、現代を生きる人々には忘れ去られようとしていた。

しかし、『帝国は滅んでいなかった』。

帝国の最奥地において平等を愛する一人の青年が、古代魔法帝国の封印された結界領域に足を踏み入れた時、再び歴史の歯車が回り始める。

青年の運命は、世界の運命は、神の行方は、未来は?

『人民、ただ人民のみが世界の歴史を創造する原動力である』。

…いつか来る復讐の惨劇を予想しながら待て!

さて、IT技術についてですね。

昨今は、様々な言語、ライブラリが増えてめまぐるしくITの進歩が進んでいます。AIも数え上げるだけで様々なサービスがあります。自分は眺めたことしかないのですが、テンソルフロー、グーグル、マイクロソフト、アマゾンのAPI、スケーラなどなど、多種多様です。これらは大手が作っているだけあって、大幅な時短と、信頼性があります。

東京、大阪、名古屋、福岡など人材があふれている大都市の少数精鋭企業や、既に中核事業とコードの蓄積が進んだ中規模程度のIT企業ならこれらを用いるのも常道でしょう。

私のような個人で起業を狙っている側も、これらの完成されたサービスとビジネスアイディアを接近させて企業に結びつけるのが恐らく正しいのでしょうが…。

2050年にはAIの発展によって技術的特異点として、シンギュラリティに到達すると言われています。後30年ですね…。

私の老後までは持ちそうですが、ITそのものの興隆期間はもう少し短いと見た方が良いでしょう。後5年でコアビジネスを完成させて10年稼いで、それから実物経済にシフトする…。

と、なんなんでしょうか、これ。書いていて気づいたのですが、大望の妄想であることはさておいて、その前にですね、これって、IT企業がいつも実践することと全く同じ結論です!

いやー、IT企業が取る経営戦略って論理的に考えていくとこれしかないというところにたどり着くものですね。

AIですが、個人的には後4,5年かけて”高水準言語”までの範囲で、ライブラリを使わずに基本的なテクノロジーを理解して応用できるまでたどり着きたいですね。

人間は夢を見ることができます。

後はやるかやらないか、ですね!

月に一回はきちんとしたコードを載せるブログに持っていきたいですが…。

さて、どうなるものでしょうか…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中