時の渚にて

核の冬が終わり、世界は再び胎動を始める…。

永遠の冬が終わり、波打ち際に再生魚類が放流され、世界の時計は再び動き出す。

人類が宇宙に夢をかけて広がりゆく中、残された地球に閉じこめられた旧核クラブの封鎖国家と星間飛行に血道をあげる主導国との間に起こった最終戦争、地球、火星、エンケラドス、太陽疑似ダイソンスフィアを巡る第4次世界大戦は最終的に地球圏の破滅で幕を閉じた。

永遠の氷河の時代。

死の惑星地球と人類の傷…。

それは、永遠の冬が終わっても、時の渚で常に人類の古傷としてうずき続ける。

再生した地球を巡り、主導国の子孫たちの覇権争いは、人類を破滅に追い込むのか、はたまた…。

…。

しばらく更新していなかったのですが、忘れていたわけではありません。

いや、そのフォントを用いた商用プログラムを開発できないかなあと、色々やっていたんですが、その、

フォントに著作権がある

という重大な事実に一昨日気が付きました。

いやー、というか、なんというか、それは作った会社があるから、使えて、会社があるからには、営利活動であるわけですねー。

いや、正直な話、フォントのようなものに著作権があるということは他のものについては言わずがなという感じもします。

なかなか、ビジネスを起こすというのは難しいようです…。

うーむ、あまり良質なコンテンツが書けていないので、2,3週間ほど準備してちょっとしたものを書けたらなあと感じています。

では、また。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中